2019年12月24日

【音楽】聖剣伝説のBGMをアレンジしてみた その3 「戦闘2」

戦闘2_聖剣伝説_背景画像_01.jpg

ゲーム「聖剣伝説」の中から、戦闘曲のアレンジに挑戦してみました。

●作るきっかけ
聖剣伝説のゲーム中に流れる音楽が好きで、以前から勝手にアレンジをしたりしてきました。
【音楽】聖剣伝説のBGMをアレンジしてみた 「戦闘1」

第1回がこれ

【音楽】聖剣伝説のBGMをアレンジしてみた その2 「最後の決戦」

これが第2回

このゲーム、シリーズ全体を通じて戦闘時の曲がとくに秀逸で、グッとくるものが多くあります。

今回が第3回になるのですが、今回も戦闘曲をアレンジしてみたいと思います。

●「戦闘2」について
今回アレンジしてみるのは、シリーズ第1作の中にある「戦闘2」という曲です。

原曲はこんな感じ

この曲はストーリーの中盤で主人公が宿敵と対決する時など、特別な位置付けの戦いで用いられる曲になっています。

今回改めて曲を聴き直してみて思いましたが、30年近く前の作品なのに古びることのない格好良い曲です。

中世ヨーロッパのどこかの地で、甲冑をまとった騎士同士が剣で一戦交えているような、そんな光景が浮かんできます。

さて、アレンジをしていて気付いたこの曲のポイントは以下になります。

「戦闘2」のポイント
・弾き語りでも十分に様になりそうな、美しく整ったコード進行
・するすると流れるような、優美で華麗なメロディ
・高揚感をかきたてる、アップテンポなビート

作曲はサガシリーズやパズドラで有名な伊藤賢治さんです。

上記のポイントはイトケンさんの戦闘曲全般に見られる特徴なのですが、キャリア初期のこの頃からすでにスタイルが確立されていることが分かります。

それにしても、ゲームボーイのピコピコ音源で演奏するだけでは非常に勿体ない・・・そんな曲だと思います。

●アレンジした結果
そんなことを考えながらアレンジしてみた結果、こちらのものが出来上がりました。


バイオリンを主軸に据えたバンド構成のアレンジ、という形にしてみました。

アレンジのポイントとしては、
・原曲の美しいコード感を強調するため、アコースティックギターの伴奏を追加
・主旋律をバイオリンが演奏することで、メロディの美しさを強調
・フィルイン多めのドラムでビート感を演出
といったところでしょうか。

コードとメロディだけで十分映える曲なのでなるべくシンプルな感じを目指してみました。

何だかとても良いものが出来たぞ・・・!というのが作り終えた後の個人的な感想です。

●終わりに
今回はゲーム「聖剣伝説」の中から、珠玉の戦闘曲をアレンジしてみました。

初代聖剣伝説には「戦闘1」「戦闘2」「最後の決戦」という3つのバトル用BGMがあるのですが、今回で3つともコンプリートしたことになります。

しかしこのゲームには戦闘曲以外にもカッコいい曲がまだまだありまして・・・引き続きアレンジを行なっていきたいところです。

posted by keno at 22:00| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: