2019年05月19日

【音楽】Sa・Ga2のBGMをアレンジしてみた その2「Never Give Up」

Never Give Up_背景画像2.jpg

ゲームボーイソフト「Sa・Ga2」の中で、「Never Give Up」という曲をアレンジしてみました。

●Sa・Ga2について
Sa・Ga2は1990年にスクウェアからリリースされたゲームボーイ用のソフトです。


世界中に散らばる「秘宝」を探すため、各地へ冒険をするストーリーのRPGになっています。

私は小学生の頃に近所の中古ゲーム屋さんへ行き、お小遣いでソフトを買ったのを覚えています。

このゲームの魅力をひとつ挙げるとすれば、「自由」なところだと思います。

・主人公たちがミクロ化して人間の体内に入り込んだり、江戸時代のような世界で捕物帳みたいなイベントを行なったりと、何でもありのストーリー的な自由さ
・パーティメンバーに人間、ロボット、モンスターなどの組み合わせが選べて、それに応じて戦い方も変わってくる戦闘システムの自由さ

こういった自由さはサガシリーズ全体の特徴で、後のロマンシングサガなどに形を変えながら受け継がれていくことになります。

ちなみにSa・Ga2のBGMの作曲は、植松伸夫さんと伊藤賢治さんの共作です。

当時はそんなことを知らずにプレイしていましたが、今思うと何と豪華な顔ぶれでしょうか・・・!

●「Never Give Up」について
そんなSa・Ga2のBGMの中で、今回アレンジを行なうのは「Never Give Up」という題名の曲になります。


原曲はこんな感じ

この曲はいわゆる「ダンジョン曲」で、敵のアジトや洞窟などの場所で流れるBGMです。

通常、ダンジョンの曲というとテンポのゆっくりとした暗い感じの曲を連想してしまいますが、この「Never Give Up」は少し趣が違います。

速いテンポ、そして畳み掛けるようなメロディーで、何ともスタイリッシュです。

どちらかと言うと戦闘シーンで使われそうなBGMです。

作曲は伊藤賢治さんですが、コード感が強くメロディーが綺麗な点など、かなりイトケン的な魅力が詰まった曲と言えます。

ピアノ単体で演奏しても様になりそうな、硬質で美しい曲・・・それがこの「Never Give Up」です。

●アレンジした結果
そんなことを思いながらこの曲をアレンジした結果、こちらのものが出来上がりました。



エレキギターの音を中心に据えて、ロック調にアレンジしてみました。

ディストーションの効いたバックギターを追加して、ドライブ感を強くしています。

原曲の持つカッコよさを、生の音源で引き出せないかと考えながら作りました。

●終わりに
今回はゲーム「Sa・Ga2」の中で、クールなダンジョン曲のアレンジを行なってみました。

個人的な話ですが、こういったロック系の曲制作が以前よりも上手になった気がします。

何事によらず、上達が感じられるのは嬉しいものです。

引き続き、このような系統の曲は作っていきたいと思います。
posted by keno at 08:00| Comment(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: