2017年12月23日

炊飯器パンケーキ A材料費編

IMG_0563.jpg

炊飯器で作るパンケーキの材料費を計算してみたのでご紹介します。

●コストを知りたい
前回、炊飯器パンケーキの作り方をご紹介しました。

簡単、感嘆なレシピで、我が家では毎週のように作っております。


さて、ここでひとつ気になるのはコストの問題です。

節約料理研究家を自称する私としては、材料費がいくら掛かっているのかを気にしてしまうのです。

いざ計算してみたら、市販のお菓子のほうが安くて美味しいという可能性もあり得ますよね。

だったらわざわざ作る意味ないじゃん!という声も聞こえてきそうです。

というわけで、今回は炊飯器パンケーキの材料費を計算してみようと思います。

●材料費を計算
まずは必要な材料のおさらいです。

IMG_0541.jpg

【材料】
・薄力粉:100g
・ベーキングパウダー:4g
・砂糖:30g
・塩:少々
・卵:中1個
・スキムミルク:6g

計算するにあたって、価格は業務スーパーの値を参考にさせて頂きました。

業務スーパーは私の行きつけのお店です。

私の体は業務で買った食品から構成されていると言っても過言ではないでしょう。

ちなみに、私の好きな言葉は「底値」です。

sitelogo.gif
節約家のサンクチュアリ、業務スーパー

それでは見て参りましょう。

・薄力粉
IMG_0566.jpg

薄力粉は、業務なら1kgで108円といったところでしょう。

というわけで、100gなら10.8円です。

・ベーキングパウダー
IMG_0568.jpg

実は、ベーキングパウダーは業務の品を使用しておりません。

業務よりも安いお店があるからです。

100円ショップの雄として名高い「ザ・ダイソー」です。

shop_logo_09.gif
節約家の最後の砦、ザ・ダイソー

私のような輩がいるから、日本はいつまでもデフレから脱却できないのでしょうか。

日銀の黒田総裁もさぞやお怒りのことでしょう。

話を戻しますと、ダイソーのベーキングパウダーは100g108円で売られております。

4gでは4.3円になります。

・砂糖
johakuto_ph01.jpg 

砂糖は1kgあたり150円くらいです。

30gで電卓を打つと・・・4.5円です。

安いですね。

・塩
Image.aspx.jpeg


塩は「少々」ですので0円としてしまって良いでしょう。

上杉謙信も21世紀に生きていたら、さすがに敵に塩を送らなかったと思います。

・卵
PPS_cyakassyokunotamago_TP_V.jpg

卵は10個入り1パックで170円くらいとしておきます。

1個あたり17円ですね。

・スキムミルク
1324_main.png

牛乳でも良いのですが、ここではスキムミルクを使った場合で計算します。

私が買った時は、1袋225gで317円でした。

細かいですね。

面倒ですが計算しますと・・・6gで8.5円です。


以上が各材料の単価になります。

合計でいくらになるでしょうか。

計算してみましょう。

ぽくぽくぽくぽく・・・ちーん。

出ました、45.1円です!

パンケーキ3人前を作るのに必要な材料費はおよそ45円です!

見よ、これがデフレスーパーの力だ!

市販のお菓子と比べても十分安いのではないでしょうか。


あとこれ、実際には炊飯器の電気代が掛かっています。

洗い物をするときの水道代なども・・・

それを考慮しても、50円以下にはなると思います。

●終わりに
というわけで、今回は炊飯器パンケーキのコストの検討を行って参りました。

コストパフォーマンスの良さがお分かり頂けたことと思います。

賢明な諸兄も、ぜひ一度作ってみることをお勧め致します。
posted by keno at 00:00| Comment(0) | 料理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: