2018年04月02日

男性用トランクス

DSC_0046 3.jpg

男性用のトランクスを作ってみたのでそのご紹介です。

●作るきっかけ
今年に入ってから、自分の中でにわかに洋裁ブームになっています。

クッションカバーとかティッシュカバーとかを作っては一人で悦に入ったりしております。

DSC_0056 2.jpg
過去に作られたものたち

そんな中、身近なもので他に何か作れそうなものはないだろうか・・・と考えていたのですが、男性用のトランクスを作ることを思い付きました。

下着であれば、何着あっても困ることはありません。

以前ハーフパンツを作ったことがあるので、その応用と考えれば難しくなさそうです。

早速製作に取りかかることにしました。

●参考サイト
作るにあたって、こちらのサイト様を参考にさせて頂きました。

「柳腰亭」
http://ryu.sew-ing.com/diy.html

下着を手作りする方法がまとめられており、大変参考になりました。

今回、初めて型紙を使った製作を行ないましたが、型紙もこちらのサイトからダウンロードさせて頂きました。

DSC_0050.jpg
これが型紙

●前あきか前とじか
ところで、男性用のトランクスは正面にあきがあるものと、ないものの2つに大別されます。

世の男性にとって、トランクスが前あきタイプかそうでないかというのは、宇宙に果てがあるのかないのかと同じくらい重要な問題です。

出先に前とじのトランクスを履いてきてしまった時の絶望感たるや・・・

今回、私は前とじタイプのトランクスを作ることにしました。

前とじタイプのほうが作るのは簡単です。

初めてのトランクス作りだったので、難易度を下げることにしたのです。

このようにして、目の前の宇宙は閉ざされたのでした。

●生地
生地は以前ハーフパンツを作ったときの生地が余っていたのでそれを使いました。

DSC_0040 3.jpg

クッションカバーとティッシュカバーも同じ生地で作りました。

このままいくと、身の回りのものが全てこのチェック柄になってしまいそうです。

●ウエストゴム
生地のほかに必要なのは、ウエストに入れるゴムです。

ダイソーでちょうど良い寸法のものが売られていたので買ってきました。

DSC_0052 2.jpg

最近の百円ショップは、手芸とか工作で使うもののラインナップが充実していて便利です。

ちなみに、ダイソーでは既に出来上がったトランクスを売っていることを私は知っています。

だったらわざわざ作る必要はないのでは・・・という考えはとても正しいと思います。

しかし、私はトランクスそのものが欲しいのではなく、「トランクスを作る体験」が欲しいのです。

今の時代らしく、モノ消費ではなくコト消費志向と言えるでしょう。

●完成
なんやかんやあって出来上がったものがこちらになります。

DSC_0046 3.jpg

ザ・トランクスといった感じで良いのではないでしょうか。(自画自賛)

休日に2日くらい掛けて出来上がりました。

今回も手縫いで作ったのですが、いい加減ミシンを買おうかな、とは思っています。

●試着
出来上がったものを早速試着してみました。

ハーフパンツを作って履いてみた時も思ったのですが、自分で作ったものを着るのは何か楽しいです。

例えるなら、手塩にかけて育てた馬に初めて乗ってみたような感じでしょうか。

それとは別に、少し問題もありました。

生地自体の伸縮性がないので、屈んだりするとやや突っ張ってしまうのです。

何も考えずに生地を選んだのが失敗でした。

普段着ている服の生地がどんな素材で出来ているのか、あまり考えずに生きていたことにも気付かされました。

●終わりに
今回は、初めてのトランクス作りということで、前とじタイプのトランクスを縫ってみました。

今度作る時は、前あきのものに挑戦したいですね。

生地も伸び縮みする素材のものを選びたいところです。
posted by keno at 00:00| Comment(0) | 洋裁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: