2018年07月16日

自転車のヘッドライトを修理してみた

DSC_0053.jpg

自転車のヘッドライトが壊れたので交換修理してみました。

●ゴムバンドが切れた
普段乗っている自転車にヘッドライトを取り付けているのですが、ライトを自転車に固定するゴムバンドが切れてしまいました。

7年以上使っていたものなので、経年劣化によって破断してしまったようです。

DSC_0042.jpg

ライトの本体部分は問題なく使えているので、買い替えるのも何だか忍びない感じです。

●交換用パーツ、売ってる
何か良い方法はないかネットで調べたところ、ブラケットの部分だけ交換用パーツとして販売しているようでした。

早速ヨドバシ.comでパーツを注文してみました。

送料無料で258円だったのですが、採算が取れているのか勝手に不安になりました。

それはそれとして、届いたのがこちらになります。

DSC_0049.jpg

●修理
それでは修理開始です。

こちらはドライバーでブラケットを取り外したところです。

DSC_0052.jpg

次に、新しいパーツを取り付けます。

以上で修理完了です。

ずいぶんと簡単な修理でした。

DSC_0053.jpg

●修理してみての感想
このヘッドライト、ゴムバンドが切れても自分でパーツを交換して修理できるような設計になっているようです。

交換用パーツも市場に多く流通していて入手が容易でした。

全体的に、CATEYE製品の好感度が上がった修理体験でした。
【修理の最新記事】
posted by keno at 00:00| Comment(0) | 修理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: